どうして玄米が体にいいの


玄米には、
白米の数倍の栄養素が含まれています
玄米には人間に必要な40種類以上の
栄養素のほとんどが含まれています。

しかし、玄米に含まれている栄養素の多くは、
精米する時に削ぎ落されてしまいます。

玄米ごはんは、白米ごはんと比べると
ビタミンB1は約8倍、ビタミンB6は約11倍、
ナイアシンは約15倍、食物繊維は約5倍


ビタミンB1
糖質の分解に関わる脳神経の働きを助ける、疲労回復に役立つ
ビタミンB2
成長を促進する、皮膚や粘膜を保護する
ビタミンB6
たんぱく質の代謝に関わる、肌や神経を正常に保つ
ナイアシン
脳神経の働きを助ける、血行をよくする、皮膚や粘膜の健康維持を助ける
葉酸
貧血を防ぐ、口内炎を予防する、胎児の正常な発育に寄与する
玄米に含まれる健康と美容に役立つ成分
γ-オリザノール
自律神経を調整する働き、シミ・小じわの予防効果
食物繊維(不溶性)
腸の働きを良くする、便の量を増やす
アラビノキシラン
NK細胞(ナチュラルキラー細胞)の活性化、抗酸化作用
イノシトール
肝機能の改善、動脈硬化の予防・コレステロール血症の改善
IP6(フィチン酸)
強い抗酸化作用
γ-アミノ酪酸
(GABA「ギャバ」)
精神安定作用、血圧安定作用
フェルラ酸
美白効果、活性酸素消去作用
カリウム
血圧を正常に保つ、筋肉の働きをよくする

血液を造り、鉄欠乏性貧血の治療にも使用
亜鉛
味覚を正常に保つ、生活習慣病を予防する
マグネシウム
心臓病や高血圧を予防する。軽・中症の高血圧の治療、片頭痛の予防などに有効

貧血を予防する、骨を強くする
マンガン
骨・関節を強化する、糖尿病を予防する、
カルシウムと併用で摂取すると月経前症候群(PMS)に有効
麹菌の発酵食品が健康に良い理由

と言うわけで
私が玄米をお勧めします。